声に出して読むサークル活動  Reading aloud in a circle

 私が、みなさんと実際にお会いして、輪になって声を出して文章を読むサークル活動です。

 その日その場に集まった人たちが、その時渡された文章を、みんなで一緒に声を出して読みますので、練習したり暗記する必要はありません。しかも、それを国語の授業のように一人ずつ読むのではなく、音楽のようにリズムをつけたり、演劇のように表情をつけて遊びます。

 上手下手はありません。ジャズセッションやコンテンポラリーダンスのように、その時感じたままを自由に表現します。童心に返ったように時を忘れて夢中で遊んでいると、顔の表情がいきいきとしてくるのがわかります。 

 

・大きな声や小さな声で読む
・高い声や低い声で読む
・ゆっくりや速く速度をかえて読む
・リズムをつけて読む
・交互に読む
・相手とずらして読む
・言葉のキャッチボールをしながら読む

など、声を楽器にみたてて、自由に演奏します。

 ひとりひとり違った読みを認め合い、お互いの間を感じ合い、言葉に頼らないコミュニケーションが交わされ響きあい共鳴して、自然にひとつの輪になっていきます。息がぴったりと合って、素晴らしい音楽が奏でられた時、皆の顔に喜びが溢れ笑顔がこぼれます。これが、一人ではなく複数で行う醍醐味です。

  人と話すとき、話題に困ったり、こんなことを言ったらこんな風に思われるのではないかしらと気を使うことなく、文学作品などを通してコミュニケーションを交わし共感し合う、心地よい居場所をつくります。初対面でも、場がなごみ緊張がほぐれていきます。

 

詳しくは、NPO法人Art Beat Heartの音読健康教室をご覧ください。

 

参加者の声


・声を出すワークショップの後は、会話がはずみますね。(ビジネスセミナーの名刺交換会にて)

・日頃、文学にふれることがないので、大変喜んでいます。(介護予防教室にて)

 

 

【グループセッション】3名以上集まったら、ご連絡ください。

【個人セッション】65歳以上の女性の方には、個別に自宅まで出張いたします。

 ※ご予算に応じてご相談に応じます。(講師の交通費実費は参加者でご負担願います。)

 

           

 まずは、お気軽にお問い合わせください。こちらから